四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とは?

四十肩・五十肩とは、40〜60代あたりにかけて起こる可能性がある「肩関節周囲炎」のことをいいます

「腕を上げると肩が痛い」「肩が動かしづらい」「寝返りをうった時に肩が痛む」など、日頃の何気ない動作をした際に症状があらわれる場合もあります。
また、四十肩・五十肩は肩こりと勘違いされることがありますが、この2つは全く違います。

肩こりの主な原因は「血行不良」と「筋肉の緊張」であることに対し、四十肩・五十肩の主な原因は「肩関節周辺の炎症」です。

加齢などにより肩関節にある「腱板」に炎症が起こると、「関節包」と呼ばれる関節をスムーズに動かすための組織にも障害が起こり、その結果肩の痛みや動かしづらさを感じるようになります。

また、四十肩・五十肩は日常生活の悪い癖によって発症するリスクが高くなるとも考えられています。

目次

四十肩・五十肩の原因

四十肩、五十肩は、肩の関節にある「腱板」という組織が炎症を引き起こし「関節包」に広がる事で起こります。これは老化に伴い、筋肉や腱の柔軟性が失われスムーズに動かなくなるからと言われていますが、実際のところ原因ははっきりしていません。

四十肩・五十肩の症状

どんな時に痛みがでるの?

四十肩、五十肩は、肩甲骨と上腕骨をつなぐ肩関節に痛みがでます。そのため、腕を持ちあげるような動きが難しく、中でも腕を外側に回すような動作などは、特に痛みを感じます。

個人差はあるものの、衣服の着脱や寝返りをすると痛むという方もいるが、痛みがある中でも無理にでも動かそうとする事で症状が更に悪化してしまうケースもある。

急性期(発症から2週間程度)

急性期は、痛みが強いものの、無理をすれば肩を動かすことができます。痛みは、肩を動かしたときだけでなく、安静時や就寝時にも現れます。痛みを伴う動作は無理に行わないようにしましょう。

慢性期(6か月程度)

慢性期は、痛みは軽減しますが、肩が動かしにくくなります。無理に動かそうとすると痛みが出ます。痛みが軽減してきたら、硬くなった肩関節をほぐすために肩の運動を行い、少しずつ肩の可動域を広げていきます。

回復期(1年程度)

あ回復期は、徐々に痛みが解消していき、次第に肩を動かしやすくなります。しかし、数年かかる場合や、症状が残ることもあります。この時期には、肩の可動域や低下した肩の筋力を取り戻すため、積極的に肩の運動を行います。

症状が出ている時にやってはいけないこと

①無理に動かす。

無理に動かすと炎症が悪化することもあるため、くれぐれも無理は禁物です。ただし、あとで説明するように放置してしまうと肩が動きにくくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

②マッサージを受ける。

自己判断してマッサージなどを受けると、炎症が悪化する可能性もあります。自己判断でマッサージを受けるのではなく、医療機関を受診してみましょう。

③痛みがある方の肩を下にして寝る。

五十肩では夜間に痛みが強くなることが少なくありません。そんなとき、痛みがあるほうの肩を下にして寝てしまうと、肩に負担がかかり、症状が悪化する可能性も考えられます。痛みのないほうを下にして、肩を守ることを意識しておきましょう。

④長い期間放置する。

五十肩は自然に治ることもありますが、放置するのはよくありません。長い期間放置すると日常生活が不自由になるばかりでなく、肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包・けんぽうかかつえきほう)や関節を包む袋(関節包)が癒着してより動きづらくなることもあります。

四十肩・五十肩の予防法

①日頃から運動やストレッチを心がける。

肩周りの筋肉を固くしない」大切なポイントです。例えば「デスクワークなど長時間同じ姿勢で作業しない」「前のめりになって肩に負担をかけない」など、肩周辺の筋肉が固まってしまう習慣は要注意です。

定期的に立ち上がる・姿勢を正すなど、肩周辺が固くならないよう気を付けましょう。

②身体を冷やさないようにする。

四十肩・五十肩の痛みは体の冷えとともに強くなるので、体を冷やさないことも大切です。肩までしっかり湯船に浸かって血行を良くしたり、体を温める食品を口にしたりするのも有効です。

③健康的な食事を心がける。

四十肩・五十肩におすすめの食材は

  1. 根菜 (じゃがいも、人参、大根)
  2. 赤身の肉 (鶏肉、ラム肉)
  3. 果物 (りんご、さくらんぼ、桃)などです。皆様も健康的な身体になれるように心掛けていき
  4. ましょう‼️

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次